バックカントリートラバース
ニュージーランド クラブスキーフィールド トランスファー&ガイド
あおしろみどりくろ リンク ご予約・お問い合わせ ホームに戻る
クラブスキー場? ツアー ガイド 2010シーズン 最新雪情報 2010雪情報 過去雪情報 NZコラム 山歩き事情

ニュージーランド南島中央部に位置する9ヶ所のスキーフィールド。
景観、フィールドレイアウトにそれぞれ特徴がある。
コマーシャルフィールドとは一味違う個性的なフィールドである。

  ポーターズ (Porters)
  マウント チーズマン (Mt Cheeseman)
  ブロークンリバー (Broken River)
  クレイギーバーン (Craigieburn)
  マウント オリンパス (Mt Olympus)
  テンプルベイスン (Temple Basin)
  ハンマースプリングス (Hanmer Springs)
  フォックスピーク (Fox Peak)
  マウント ライフォルド (Mt Lyford)

▲△ページトップに戻る▲△


東京や大阪から飛行機で約12時間。クラブスキーフィールドへの玄関口クライストチャーチはニュージーランド南島で最も大きな都市です。
ニュージーランド各都市からの国内線や世界各地からの国際線が就航しており、日本から訪れるのに非常に便利です。

ご紹介するスキーフィールドは、クライストチャーチから車で片道1時間半〜2時間半の場所にあります。


リフト:Tバー3基、初級者用プラッター1基、初心者用マジックカーペット1基

フィールド:初級15% 中級35% 上級50%

特徴
Tバーなので初級者でも比較的問題なくリフトに乗れる。
リフトを3基乗り継ぎ、頂上についたらマウントハットが正面に見え、
裏側のコリッジ湖方面が見渡せる。氷河が削った大地は一見の価値あり。
条件が良ければ南半球最長の一枚バーン「ビッグママ」標高差620mがOpenする。
初級者から上級者まで楽しめるフィールドレイアウトがうれしい。
人口降雪、圧雪バーンあり。
なんといってもマジックカーペットは初心者にお勧めだ。

ホームページhttp://www.skiporters.co.nz/

  

▲△ページトップに戻る▲△


リフト:Tバー2基、初級者用ロープトー1基

フィールド:初級15% 中級50% 上級35% 

特徴
クラブフィールドはどこも個性があふれている。
ここに関しては間違いなくFamilyである。
駐車場からのアクセス、Tバー、圧雪、デイロッジ、
ロッジ内部はソファーがありくつろげる、全体的になだらかなコースレイアウト、
インストラクターの数、どれを取ってみても子連れにはうれしい。
もちろんオフピステもたっぷりある。
地形をうまく読めばシュートなどへのアクセスも良い。
チーズマンからツアースキーでブロークンリバーへ、
もしくはオリンパスへなども可能。

ホームページhttp://www.mtcheeseman.co.nz/

  

▲△ページトップに戻る▲△


リフト:ロープトー3基、初級者用ロープトー2基

フィールド:初級10% 中級40% 上級50%

特徴

クラブフィールドの中でも最もアットホームな雰囲気。
一つの目玉は駐車場から乗れる、手作りゴンドラ。
2009年から乗用化したが、それまではこの区間は荷物用で人々は皆、歩いていた。
機械の有り難さを再確認するのに良い。
もう一つの目玉はバーベキュー。
好きな食材を持ち込んで、フィールドで焼いて食べられる。
フィールドはオープンなバーンもあれば狭いシュートもある。
圧雪車はあるがあまり使われない。
メインとトップのロープトーはグーフィー向きなのでレギュラーボーダーにはちょっとキツイ。
アクセストーはグーフィーの練習にちょうど良い。
ナイター設備あり、といっても月光スキーである。

ホームページhttp://www.brokenriver.co.nz/

  

▲△ページトップに戻る▲△


リフト:ロープトー3基

フィールド:初級0% 中級55% 上級45%

特徴
初級者コース0% NZで最もエクストリームのスキー場。
山全体に斜面は急であり、いたるところにシュート(岩と岩の間の非常に狭い所)がある。
狭い所だとスキーを横にすると、トップとテールが岩にあたってしまう。
自分がスキーを始めた頃のスキーのヒーロー 
グレンプレイク(モヒカンエクストリームスキーヤー)もベタ誉めであった。
ロープトーは3本あるが、どれもレギュラー向きなので、スノーボーダーの人気が高い。
ハミルトンピーク(1922m)までトップトーから約15分のハイク。
はるか彼方にカンタベリー平野そしてクライストチャーチが見える。
そこから向こうはバックカントリーになるので、それなりの装備があったほうが良い。
92年新しいきれいなランチハットができた。

ホームページhttp://www.craigieburn.co.nz/

  

▲△ページトップに戻る▲△


リフト:ロープトー3基、初級者用ロープトー2基

フィールド:初級10% 中級55% 上級35%

特徴
別名 【Playground of the Gods-神々の遊び場】。
スキー場もさることながら、行きの道から神秘的な景色が広がる。
滑り始めて、神様の遊び場の意味を知る。
複雑なコースレイアウトは、上りながらのトラバースなどできればより世界は広がる。
駐車場からロープトーに1回乗ってスキー場施設にたどり着く。
メインのロープトーがグーフィーなのでレギュラーのボーダーにはちょっとキツイ。
山道だが自分が今まで行ったNZ南島16のスキー場の中で一番キツイ場所。
スキー場入り口まで来たら無線で上と交信し、下りの車がいない事を確認してから上る。
レンタカーでは登れないこともある。時にはタイヤに石が刺さってパンクする事もある。
ナイター設備あり。ここも月光スキーである。
帰り道にはBack To Reality(現実に戻る)の看板がある。

ホームページhttp://www.mtolympus.co.nz/

  

▲△ページトップに戻る▲△


リフト:ロープトー3基、初級者用ロープトー1基

フィールド:初級20% 中級30% 上級50%

特徴
アーサーズパスまで車で上がり、峠の頂上から1時間半のトレッキング。
荷物はGoods Liftであげる。
日帰りも可能だが、ここに来るのは泊まりをお勧めする。
スキー場は大きく分けて2つのBasinからできている。
上の数字、上級者50%という事からも全体に急斜面が多い。
地形がとても複雑でシュートもいたる所にある。
他のフィールドと違う所は、南アルプスの真っ只中に位置するだけあって、
山岳展望が素晴らしい。正面にMt Rolleston 2275mが見える、
標高が高く雪の量も豊富。
裏を返せば、天気が崩れやすい。危険度も増す ということ。
ナイター設備あり。月明かりのパウダーはこの世の物とは思えない。

ホームページhttp://www.templebasin.co.nz/

  

▲△ページトップに戻る▲△


リフト:ポマー1基 ロープトー1基、初級者用ロープトー1基

フィールド:初級10% 中級60% 上級30%

特徴
ここのメインはNZ最長のポマーリフト。ロープトーに比べると乗りやすい。
駐車場からのアクセスもよく、コースもなだらかなオープンバーンが広がり、
どちらかといえば中級者、家族連れに向いている。
圧雪車もありメインのコースは圧雪バーン。もちろんその周りにはオフピステが広がる。
何よりの目玉は温泉があること!スキーの後の温泉は何も日本の専売特許ではない。
こちら式の水着着用の露天風呂で、日本のものほど熱くはないが立派な温泉である。
さらに一時間ほど足を伸ばせば、日本式の温泉。Maruia Springsもある。

ホームページhttp://www.skihanmer.co.nz/

 

▲△ページトップに戻る▲△


リフト:ロープトー2基、初級者用ロープトー2基

フィールド:初級20% 中級60% 上級20%

特徴
Christchurchから190km。カンタベリー平野の南西に位置する。
数字だけ見ると中級者向けのスキー場に見えるが実は奥が深い。
山スキーが好きな人にはたまらない場所。
リフトの終点からFox Peak2330mまで上ればChristchurchからMt Cookまで見渡せる。
さらにそこから先Tekapoまでのスキーツアーも可能である。
ゲレンデには休憩所がなく、必然的に外で昼食を取ることになる。
ここで紹介したスキー場の中で、最も日本人のいないスキー場であることは間違いない。

ホームページhttp://www.foxpeak.co.nz/

 

▲△ページトップに戻る▲△


リフト:初級者用ロープトー1基、プラッター2基、ポマーリフト1基
     Tバー1基、上級者用ロープトー1基

フィールド:初級30% 中級40% 上級30%

特徴
カンタベリ平野の北の外れ、カイコウラ山脈に近い場所に位置する。
アルパイン・リゾートとあるが、派手さを好まない質素なニュージーランド人のリゾートだ。
コースのレイアウトは中級コースが多いが独特の地形の変化があり、
斜面の使い方によっては上級者も充分満足できる。
リフトもロープトー、プラッター、ポマー、そしてTバーと、このスキー場だけでリフトの進化を見ることが出来る。
ここに無いのはチェアリフトだけだ。
圧雪バーンもあるが、オフピステも存分にある。滑りごたえのある山だ。

ホームページhttp://www.mtlyford.co.nz/

  

▲△ページトップに戻る▲△


掲載の記事、画像などすべての内容についての無断転載を禁じます。
All contents and images are protected by Copyright. Do not use without permission.